質重視の日本

いま、日本国内で認可を受けているED治療薬は3種類あります。

それぞれに特徴があり、人気にも多少のばらつきがあります。

1999年にバイアグラが初のED治療薬として発売されました。

一番古い治療薬だけに知名度は抜群で、
その歴史と実績からいまでも最も信頼されている治療薬と言えます。

世界的に見てもED治療薬の定番中の定番ですね。

バイアグラの強化版とも言われ、
その最大の特徴は服用後最短で15分ほどで効果が現れてくるという即効性です。

また、バイアグラよりも食事の影響は受けにくいものになっています。

現存する治療薬の中では最も効果が高いとされており、
日本ではもっとも流通している治療薬になっています。

その3年後に第3の治療薬として発売されたのがシアリスです。

いま世界的に人気を集めている治療薬です。

その理由のひとつは、最長で36時間続く作用時間にあります。

思わず薬を飲んでいることを忘れるほど自然に勃起できると言われています。

また、その間食事の影響を受けませんので、
これまでのような食事と服用のタイミングを気にすることなく服用が可能で、
ストレスなく服用できるということで人気があります。

ただ、効果に個人差がある点で、
「質」重視の日本ではレビトラの方が人気があるのかもしれません。

↑ ページの上部へ